永久染毛剤や半永久染毛料の特徴は?

専門的カラーリングタイプ別の特徴

カラーリングタイプ別の効果や特徴

 

永久染毛剤
酸化染毛剤>ヘアカラー、白髪染め、おしゃれ染めなど。タイプはクリームや泡や液状など多種有ります。

  • 一気に染めたい方や明るい色に染めたい方用です。
  • 黒髪を明るくする事も可能です。
  • パッチテスト(皮膚アレルギー試験)は必要です。
  • アレルギー体質の方には向きません。
  • 使用後はヘアケアが必要です。
  • 2カ月から3カ月は色が持続します。
  • 髪のダメージは大きいです。

 

永久染毛剤
非酸化染毛剤>オハグロ式白髪染め。クリームタイプ

  • かぶれやすい方やアレルギーが有る方が白髪染めをしたい場合はにいいでしょう。
  • 脱色しないで染める為に、黒系にしか染まりません。
  • 1カ月位は色が持続します。
  • 髪の毛が変質する時があり、パーマが掛かりにくくなる場合があります。
  • 主成分が金属系です。

 

半永久染毛料>(酸性染毛料)ヘアマニキュア、酸性カラー、カラーリンス、カラートリートメントなど。タイプはクリームやジェルなど多種あります。

  • ランキングなどで上位にいる物はこのタイプが多いでしょう。
  • 髪にとても優しいです。
  • 黒髪を明るく染める事は出来ません。
  • 2〜4週間位は色が持続します。
  • シャンプーするたびに色は落ちていきます。
  • パッチテスト(皮膚アレルギー試験)は不要です。
  • 髪の毛のダメージはほとんどありません。

 

一時染毛料>(毛髪着色料)カラースティック、ヘアマスカラ、ヘアカラースプレーなど。タイプはエアゾール、スティック、マスカラなど多種有ります

  • 部分染めやリタッチタイプに多いです。
  • 一時的に髪の表面に色を付着させます。
  • 手軽に使用出来ますが、汗や雨で色が額や服に付く場合があります。
  • 黒髪を明るく染める事は出来ません。
  • 髪の毛のダメージもほとんど有りません。
  • 一回のシャンプーで色が落ちます。

 

脱色剤、脱染剤
脱色剤>ヘアブリーチ、ヘアライトナー。タイプはクリームや液状、フォームなど多種有ります。

  • メラニンを酸化脱色させます。
  • 酸化染料が無い為にあまりかぶれを起こす事は少ないです。
  • 髪のダメージは大きいです。

 

脱色剤、脱染剤
脱染剤>ヘアブリーチ。クリームタイプ、粉末タイプ。

  • メラニンと染められた髪の毛を脱色します。
  • 酸化染毛剤で黒く染められた色を脱色させる事は難しいです。
  • 酸化染料が無い為にあまりかぶれを起こす事は少ないです。
  • 髪のダメージは大きいです。

 

 

以上の様にとても詳しく奥深く知ると、簡単に白髪染めを選ぶ事が頭皮や髪の毛のダメージを与えてしまう事がある事に気づくでしょう。髪を染める事は少なからずダメージを与えます。なるべく少ないダメージで染めたいですね。

 

 

今はやはり、これが一番優しい白髪染めだと思います。利尻ヘアカラートリートメント

 

 

よく染まる白髪染めトップページ

 

専門的カラーリングタイプ別の特徴関連ページ

ヘアカラーを難しく言うと
白髪がよく染まる白髪染めはどんな商品があるのでしょう?希望としては生え際や根元までよく染まる物がいいですね。頭皮にも優しく低刺激、匂いや香りはどうか?の下調べも大事です
ヘアマニキュアを難しく言うと
白髪がよく染まる白髪染めはどんな商品があるのでしょう?希望としては生え際や根元までよく染まる物がいいですね。頭皮にも優しく低刺激、匂いや香りはどうか?の下調べも大事です
専門的過ぎるカラーリング剤の種類
白髪がよく染まる白髪染めはどんな商品があるのでしょう?希望としては生え際や根元までよく染まる物がいいですね。頭皮にも優しく低刺激、匂いや香りはどうか?の下調べも大事です

ホーム RSS購読 サイトマップ