ヘアカラーを難しく言うと

ヘアカラーを難しく言うと

ヘアカラーの成分の詳細は?

 

酸化染料(酸化染毛剤)=ヘアカラー
1剤と2剤を混ぜ合わせる事によって酸化染料が発色します。

 

1剤の成分 2剤の成分
「酸化染料」ジアミン系の薬品 「酸化剤」過酸化水素水
酸化発色させる 酸素を発生させる

「アルカリ剤」アンモニア、エタノール系
キューティクルを開く

 

 

髪の毛が染まる工程

  1. 両方を混ぜた混合液を乾いた髪の毛に塗ると、アルカリ剤がキューティクルを開けて混合液が髪の内部に浸透します。
  2. アルカリ剤の作用によって過酸化水素水が分解され酸素が発生する。
  3. 酸素が髪の内部のメラニン色素を脱色(いわゆるブリーチと同じ原理です)と染料が発色する。
  4. 内部の酸化染料同士が付きあって大きくなり、キューティクル入口より大きく成る為に内部に定着する。

 

 

この様に色自体は定着し易いですし、長持ちもします。
ダメージにおいては、やはり髪の毛は痛んでしまいます。
その為にヘアケアは十分に行ってあげないと、後で泣くようになってしまいます。

 

痛んだ髪の毛はとても乾燥して、艶もなくなります。
ごわつく場合も有りますので、トリートメントや育毛剤などもしっかりお使いになった方がいいでしょう。
シャンプーで色落ちする事はありません。

 

ヘアカラーは一回で十分に染められ、黒い髪も明るく染めれます。
黒髪の量や白髪の量もあまり心配なく染まります。
価格も一回分が千円以下で買えるものが多いです。

 

しかし、その後のダメージをお考えになってお使いになった方がいいでしょう。
ダメージを気にされる方にはオススメ出来ませんので注意致しましょう。

 

御使用前には必ず、パッチテスト(皮膚アレルギー試験)を行う必要があります

 

 

よく染まる白髪染めトップページ

 

ヘアカラーを難しく言うと関連ページ

ヘアマニキュアを難しく言うと
白髪がよく染まる白髪染めはどんな商品があるのでしょう?希望としては生え際や根元までよく染まる物がいいですね。頭皮にも優しく低刺激、匂いや香りはどうか?の下調べも大事です
専門的過ぎるカラーリング剤の種類
白髪がよく染まる白髪染めはどんな商品があるのでしょう?希望としては生え際や根元までよく染まる物がいいですね。頭皮にも優しく低刺激、匂いや香りはどうか?の下調べも大事です
専門的カラーリングタイプ別の特徴
白髪がよく染まる白髪染めはどんな商品があるのでしょう?希望としては生え際や根元までよく染まる物がいいですね。頭皮にも優しく低刺激、匂いや香りはどうか?の下調べも大事です

ホーム RSS購読 サイトマップ