ヘアカラーとヘアマニキュアの違い

ヘアカラーとヘアマニキュアの違い

ヘアカラーとヘアマニキュアの違い

 

白髪染めには、おおよそ大別して2種類に分けれます。
ヘアカラーとヘアマニキュアです。

 

ヘアカラーとは?

1剤、2剤を混ぜて使う商品です。(A、B剤と言う事も有ります)
直感的に分かり易くご説明すると、髪の内部に色が入りしっかり染まります。
髪の内部に色を入れないといけませんので、髪の表面のキューティクルを強制的に開けないといけません。
開いたキューティクルの間から染料が入り内部で色が定着するので長持ちします。
黒髪の量がどの位、白髪がまばらなどの心配は無く使用する色に一気に染まります。
期間としては、2カ月〜3カ月位で染め直すような感じです。

 

しっかり染まる分、ダメージはかなり受けます
染めた後は、髪の毛がゴワゴワになる方もいますので十分ヘアケアする必要が有ります。

 

使用する前には必ず、パッチテストを行う必要があります。
アレルギーにも注意して下さい。

 

 

 

ヘアマニキュアとは?

トリートメントタイプやクリーム、泡のタイプが有ります。
直感的に分かり易くご説明すると、髪の表面に色を染めていきます。
髪をコーティングしてくれますので、ヘアカラーに比べると髪の毛が滑らかになります。
髪のダメージは少なくて頭皮にも優しいです。
色は一気には染まらず、徐々に染まって行きます。
その為、周りの方に気付かれず自然に染まっていく感じです。
期間としては、シャンプーで徐々に落ちていき2〜3週間位で色が落ちます。
パッチテストも不要です。

 

 

よく染まる白髪染めトップページ

 

 

ヘアカラーとヘアマニキュアの違い記事一覧

ヘアカラーを難しく言うと

酸化染料(酸化染毛剤)=ヘアカラー1剤と2剤を混ぜ合わせる事によって酸化染料が発色します。1剤の成分2剤の成分「酸化染料」ジアミン系の薬品「酸化剤」過酸化水素水酸化発色させる酸素を発生させる+「アルカリ剤」アンモニア、エタノール系キューティクルを開く髪の毛が染まる工程両方を混ぜた混合液を乾いた髪の毛...

≫続きを読む

 

ヘアマニキュアを難しく言うと

酸性染毛料=ヘアマニキュアトリートメントタイプ、クリームタイプが主流です。ヘアカラーの場合はキューティクルを強制的に開けましたがこちらは、強制的に開けません。酸性染料が髪の毛の周りに付着して、キューティクルの間から内部へ浸透していき染めていきます。カラートリートメントやリンスの場合は、トリートメント...

≫続きを読む

 

専門的過ぎるカラーリング剤の種類

専門的過ぎるので参考程度にお願い致します。言葉や単語の一字違いで大きく成分や内要が変りますので注意しましょう。ヘアカラーリング剤の種類は専門的に染毛剤と染毛料に分かれます。第一分類→第二分類→第三分類→おなじみの名前染毛剤(医薬部外品)→永久染毛剤→酸化染毛剤(アルカリ性酸化染毛剤、酸性酸化染毛剤)...

≫続きを読む

 

専門的カラーリングタイプ別の特徴

永久染毛剤<酸化染毛剤>ヘアカラー、白髪染め、おしゃれ染めなど。タイプはクリームや泡や液状など多種有ります。一気に染めたい方や明るい色に染めたい方用です。黒髪を明るくする事も可能です。パッチテスト(皮膚アレルギー試験)は必要です。アレルギー体質の方には向きません。使用後はヘアケアが必要です。2カ月か...

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ